水漏れは放置すると危険!水道修理の必要性

水漏れは放置すると危険!水道修理の必要性 水漏れをしていると無駄な水道代が発生しもったいないです。とくに家族の人数が多い世帯は、人数分に応じて光熱費が高額になるため水道代が気になるものです。水のトラブルに多い原因は経年劣化です。毎日使用する蛇口はとくに破損しやすい部分です。蛇口の寿命は10年とされているため、キーンと音がした時は交換の目安だと判断しても良いでしょう。
また賃貸マンションでは、水漏れは近隣トラブルを起こす可能性があるため安易に放置できません。電気配線に水が触れると火災の原因にもつながります。さらに水道管の破損が徐々に起きている時は、異変に気づけないケースも多々あります。

■蛇口の水漏れは起こりやすい

蛇口からポタポタ水が染み出て、止まらないといった悩みは多いです。蛇口じゃない場所から水が出ることもあり、キッチンと洗面所など使用頻度の高い場所で起きるケースが多いです。洗濯機の蛇口も水漏れを起こしやすい場所です。蛇口は多く使用すると徐々に劣化が進みます。お皿がぶつかるだけでも蛇口は損傷する部品です。はじめは蛇口から水がポタポタ落ちる程度でも、悪化すると水漏れになり水道代にも響く場合もあります。飲料水として活用したい人は、浄水器カートリッジつきの蛇口を選ぶとよいです。近年は節水用の蛇口も販売されています。好みの蛇口に取り換えより快適な生活を目指すのもよいでしょう。
お風呂のサーモスタット型の蛇口は自分で取り換えるのは大変で、業者に頼む必要があります。

■賃貸マンションの修理について
マンションで水漏れが起きた時は上の階から下の階へ流れる場合があり、賃貸マンションの際トラブルになる事例の一つです。水道管自体が古くなっていた場合は貸主側が修理費を払うことが多いです。または管理組合が払うケースもあります。一方で使い方が原因で起こる修理費用は、借主が修理費を払うことになります。貸主の人は法人対応している業者に依頼し点検と修理を行ってもらうとよいです。
もし賃貸マンションで水漏れが起きたら、水を拭き取り不動産会社に電話をかけましょう。下の階の人にも正直に報告し誠意ある態度で対応することも大切です。保険は他の住人にまで被害が及ぶ場合は、個人賠償責任保険が適用される可能性もあります。または貸主が水回りのトラブルに関する保険に入っている場合もあるので、管理会社に確認するとよいです。

■水道管の異変は早期発見が大切

水道管の大規模な破損は異変がするため気づけますが、小さな破損だと気づけないケースが多いです。私たちが知らない間に水道管は破損している場合が多いです。カナダの大学ではセンサーによる水漏れ発見用のAIの開発を進めています。通常時の水道管の音を保存し、アルゴリズムを元に異音を検知する仕組みです。異常を発見するセンサーは取り付け費用が安く、設置方法も簡単で消火栓につけるだけで完了するというものです。水道管異常を発見するAIは開発途中です。
今は自分で異変に気づき、大規模な修理にならないよう未然に対策する必要があります。蛇口などから異音がないか日ごろからチェックしておきましょう。こまめに業者へ水回りの点検を行ってもらう方法もあります。

■まとめ
水回りのトラブルは色々な種類があります。まず発生する部屋の場所が違います。そしてよくある悩みの水漏れも排水パイプから蛇口まで至る所で起こります。水は床や壁にしみ続けると腐敗させ家屋を傷める原因となります。水漏れは起きる部分により対処法が違い、自分で直せる時もあれば、業者に頼まないといけない時もあります。さらに賃貸マンションと持ち家によっても対処法が異なるため、住んでいる家の状況にあわせて判断することも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース